商品情報にスキップ
1 9

雑誌『JUGGZINE』

雑誌『JUGGZINE』

通常価格 ¥1,500
通常価格 セール価格 ¥1,500
セール 売り切れ
税込

「文章でジャグリングと関われる場をつくる」をテーマにつくられたジャグリング雑誌。

小説、論考、インタビュー、イベントレポートなど、ジャグリングに関する雑多で様々な文章を対象にしています。

2023年10月に創刊され、以後、毎年10月の刊行を予定しています。

PM Jugglingの板津も座談会「『ジャグパル』を読む」と記録「『ジャグ人』の日記」で参加しています。


目次

【座談会】『ジャグパル』を読む
【小説】中西みみず「404 Not Found」
【報告書】きぞはる「シガーボックスの破壊と再生―ジャグリング道具の作り手からみる、シガーボックスの欠陥―」
【記録】板津大吾「『ジャグ人の日記』2021年1月12日〜2023年5月10日」
【入門】あべし「The Joy of Playing Rope ―「間」の楽しみ―」
【インタビュー】世良京太「ジャグリング文化を維持する」聞き手:山下耕平
【エッセイ】花田充「ジャグリングの嫌いなところ」
【論考】じん「迷い猫に尋ねる」

 

内容紹介

▼ 【座談会】『ジャグパル』を読む
ジャグリング情報誌『ジャグパル』の第1号(1998.9)~第10号(2000.12)を読んで各々の感想を語り合いました。昔と今のジャグリングシーンについて、ジャグリングとは何か、など。なお、『ジャグパル』本文は「見世物広場」のHPから見ることができます。

▼ 【小説】中西みみず「404 Not Found」
Juggling Unit ピントクル代表中西みみずによる短編小説。練習中に、練習後のご飯の最中で、大会の控室で、「僕」はいろいろなことを考える。人間関係、将来、ジャグリング…。ジャグリングが上手いとはどういうことなのか。大学サークルでの日々を描いたジャグリング青春小説。

▼【報告書】きぞはる「シガーボックスの破壊と再生―ジャグリング道具の作り手からみる、シガーボックスの欠陥―」
ジャグリング道具メーカーきぞは工房の代表きぞはるによる文章。数多くのジャグリング道具を製作してきた経験を踏まえて、シガーボックスという道具に宿る宿命的な欠陥を指摘します。

▼【記録】板津大吾「『ジャグ人の日記』2021年1月12日〜2023年5月10日」
ジャグリング道具の店PM Jugglingの店長板津大吾による日々の記録。ニ年の間毎日書かれた日記(note)のうち50記事を精選・再録し、「はじめに」と「おわりに」を付しています。

▼【入門】あべし「The Joy of Playing Rope ―「間」の楽しみ―」
京都でなわを中心に様々な活動を行っているあべしによる、「ロープ」という道具の楽しさを伝える文章。なわとびやダブルダッチとは違う、「ロープをやる」ことの面白さを実践的に紹介します。

▼【インタビュー】世良京太「ジャグリング文化を維持する」聞き手:山下耕平
Juggling Unit ピントクルの山下耕平による、ジャグリングのイベント・団体の運営に関わる人へのインタビュー企画。今回は、JJFCSや学生大会の運営を担っている世良京太さんから、運営の仕事内容やそれを支えるモチベーションなどについて話を聞いています。

▼【エッセイ】花田充「ジャグリングの嫌いなところ」
多数のジャグリングイベントの企画・運営に携わる花田充によるエッセイ。ジャグリングと自分の関係について内省し分析します。

▼【論考】じん「迷い猫に尋ねる」
『ピンクの猫』所属のじんによるジャグリングを巡る論考。日常的な出来事を起点に、世界と自分との関係について、またジャグリングという営みの意味について、考えます。

 

冊子詳細

価格 1,500 円(税込)
ページ数 234頁
判型 A5
発行 Juggling Unit ピントクル
デザイン 山下耕平
表紙 藤城瑠美
発売日 2023/10/07
ISBN 978-4-9913314-0-4

詳細を表示する