ジャグリングの基本技「3ボールカスケード」のやりかた

このページでは、ジャグリングの代表的な技「3ボールカスケード」のやりかたを紹介します。3つのボールを交差して投げるこの技は、さまざまなジャグリングの基本です。ぜひチャレンジしてみてください!

 

ステップ① 1つのボールでウォーミングアップ

右手にボールを持ち、左手に投げます。

頭のてっぺんをすこし越えるくらいの高さで、山なりに投げましょう。

右手でうまく投げられるようになったら、次は左手に持ったボールを、おなじように山なりで右手に投げる練習をしましょう。

 

ステップ② 2つのボールでリズムに慣れよう

両手にボールを持ちます。

右手のボールを左手に投げ、それをキャッチする前に左手のボールを右手に投げます。

左手のボールを投げるときに、右手からきたボールの山なりの内側をとおして投げることに注意してください。

両方をキャッチしたらストップ。

「右手、左手」とリズムよく投げられるよう練習しましょう。

※なれてきたら、左手からスタートする「左手、右手」の順番もおなじように練習しましょう。

 

ステップ③ いよいよ3つにチャレンジ

右手に2つ、左手に1つのボールを持ちます。

右手のボールを1つ、左手に投げます。

それが落ちてくる前に左手のボールを右手に投げます。

あとは、ステップ②でやった「右手、左手」と「左手、右手」を組み合わせて、ボールを交互に投げつづければ「カスケード」の完成です!

 

上達のためのポイント

  • がむしゃらに3つを練習せず、1つと2つの練習(ステップ①とステップ②)をくりかえしてみてください。遠回りにみえて、それこそが上達の近道です。

  • ステップ①やステップ②の段階では、投げたボールをキャッチせずにわざと落として、自分が投げたボールの高さや軌道をじっくり確認してみるのもよいでしょう。まずはキャッチすることよりも、投げるほうに意識をむけてみましょう。

  • ステップ③にはいったら「できる回数までやって、落とす前にストップする」という練習方法がオススメです。無理をせず、すこしずつ回数を増やしていくと、効率よく習得できます。

まずはこのくらいで。2・3回投げたらストップしてしまって大丈夫です。

大切なのは、あせらずに、ステップごとに丁寧に身につけていくことです。

1日にすこしずつでも練習すれば、はやければ数日、ゆっくりでも1ヶ月ほどで、きっとできるようになりますよ。

フィットネス感覚で、たのしみながら練習してください!

  

ジャグリング専用のボール

ジャグリングはテニスボールなどでも練習できますが、重量が軽すぎるのと、落とすたびに跳ねて散らばってしまうので、練習効率があまりよくありません。

できればジャグリング専用のボールで練習することをおすすめします。

初心者の方におすすめなのは「ビーンバッグ」というボールです。

布地のなかに穀物がほどよく詰まっていて、むにむにと握り心地がよく、落としても転がっていきません。

PM Jugglingでは手づくりで製作しているオリジナルモデルを販売しています。カスケードをマスターしたあとも、長くジャグリングを楽しめる相棒になりますよ。ぜひご利用ください!



さあ、次のステップへ

ジャグリングには、カスケードの他にもたくさんの技があります。

カスケードの練習と並行して、他の技を練習してみるのもよいでしょう。

次のページでは、さまざまな基本技を紹介します!

【動画つき】3ボールジャグリングの基本技を見てみよう!

Back to blog