Column

昨年からスエード生地のビーンバッグをつくっています。一般的なビーンバッグに使われているレザーとは違って、ふわふわ、さらさらの手触りで、投げていてとても気持ちがいいのです。その試作を投げ比べているときでした。ふと、僕にとってジャグリングは、ものの質感を楽しむための媒介でもあったんだ、と気づきました。
Continue reading
友人の韓国人ジャグラー、イ・ハキンさんがPMソフトロシアンボールを使った動画を上げてくれました! 誕生日の記念で購入してくれたようです。 PMボールは韓国では「Juggling Korea」というオンラインショップでお取り扱いいただいています。オーナーはこのブログにもたびたび登場しています、韓国ジャグリング協会の事務長でもあるシンさんです。
Continue reading
2004年のことです。浪人期間を経て大学に入った僕は、これでようやく思い切りジャグリングができるぞ、と意気揚々としていました。当然のように、大学でジャグリングに関する活動をしたいと考えましたが、入学した大学にはジャグリングサークルがありませんでした。
Continue reading