はじめてのジャグリング

いま世界では、ジャグリングを趣味として楽しんでいる人がたくさんいます。子どもから大人まで、いつでも、気軽に楽しめるのがジャグリングのよいところです。

3つボールのお手玉をめざして、一緒にがんばりましょう!

 

ジャグリングのやりかた

(カスケードの動画)

3つのボールをお手玉する「カスケード」を紹介します。ジャグリングの最も基本的な技です。ステップを踏んで練習すれば、誰でもできるようになります。さっそくやってみましょう!

 

ステップ1

(1つの動画)

まずは1つのボールで練習してみましょう。

右手にボールを持ち、左手に投げます。頭のてっぺんをすこし越えるくらいの高さに投げるようにしましょう。右手でうまく投げられるようになったら、次は左手から右手へ投げる練習をしましょう。

 

ステップ2

 

(2つの動画)

両手にボールを持ちます。

右手のボールを左手に投げ、それをキャッチする前に左手のボールを右手に投げます。両方をキャッチしたらストップ。「右手、左手」とリズムよく投げられるよう練習しましょう。

左手からスタートする「左手、右手」も同じように練習しましょう。

 

ステップ3

(3つの動画、順を追って)

いよいよ3つに挑戦です。右手に2つ、左手に1つのボールを持ちます。右手のボールを1つ、左手に投げます。それが落ちてくる前に左手のボールを右手に投げます。

そして右手に落ちてきたボールをキャッチする前に、右手のボールを左手に投げます。

あとはそれを繰り返すだけです。ステップ2でやった「右手、左手」と「左手、右手」を組み合わせてやるイメージです。

 

練習のコツ

(失敗例)

なかなか上手くできない場合は、ひとつ前のステップに戻って練習してみましょう。最初から3つに挑戦したい気持ちになりますが、がむしゃらに3つを練習しても、かえって遠回りになります。あせらずに、1つのボールをしっかりと投げられるようになってから、次のステップにいきましょう。

 

(失敗例)

3つが続くようになってきたけれど、前に歩いてしまう、という人も多いかと思います。これは自然な現象で、安定して投げられるようになるにつれて、動かずにできるようになってきます。あまり気にしすぎずに、うまくボールをコントロールできるように慣れていきましょう。

いろんな技に挑戦!

2in1ハンド

1アップ2アップ

リバースカスケード

シャワー

 

ジャグリングをもっと楽しもう!

・見る

・競う

・つくる

・つながる