【Weekly PM】#25:生地のサンプル

2020年7月27日(月)〜8月2日(日) 


今週はビーンバッグ用の生地を探しに出かけるつもりでしたが、コロナ禍でどうも気が引けており…

そんななか、ふと、ネットで取り寄せられるものは一通り触っておこうと思い立ち、いろいろなところからサンプルを請求してみることにしました。

よく考えれば、そちらの方が安定的に入手できる生地と出会えるかもしれません。

 

数日後、さっそくいろいろなお店からサンプルが届きました。

新しいジャグリング道具を買ったときのように、ワクワクしながら開封していく。

見本帳で送られてくるものもあるし、端切れが封筒に入れられて送られてくるものもあります。

 

表面を指でなぞってみたり、つまんでみたり、ペチペチと叩いたりして感触を確かめてみます。

そして、生地には申し訳ないのだけど、表面の一部を爪で引っかいて削ってみたり。

ジャグリングボールに使われるような合皮は、薄い基布(繊維層)の上にポリウレタン樹脂がくっついていて、いわば二重構造になっています。

練習していくうちに、表層のポリウレタンが剥がれてきてしまった経験がある方は多いはず…

(ちなみに合皮は何もしなくても加水分解していくので、剥がれについては単純に経年劣化も影響していると思います。昔のボールをひさびさに取り出すと、ボロボロになっていたりしますよね)

表面の耐久性は、実物に負荷をかけてみないとわからない。

感触いいなあ! と思っても、削ったら簡単に剥がれてしまう生地もあって、ひとりで一喜一憂していました。

 

ひとまずいくつか可能性があるものを見つけることができて、明るい兆しが見えてきた。

通常サイズのビーンバッグに使える安定した生地がないと、結局先に進めないんですよね…

さっそく本注文をしたので、届き次第ボールにしてみます。

 

●●●

週末の8月1日に、関東の梅雨明けが発表されました。

雨の毎日が終わって、とってもうれしい。

外でジャグリングもいいですねえ。