【Weekly PM】#17:歩くこと

PM Jugglingの週ごとの活動記録です。

前の週のことを振り返りながら、まとまり次第アップしています。

 

2020年6月1日(月)〜6月7日(日)

リニューアル後


サイトをリニューアルをして6月を迎えました。

システム的なトラブルもなく、ご注文をいただいていてホッとしています。

 

ジャグリングの雑誌 PONTEの在庫がなくなってきたので、編集長の青木くんに送ってもらいました。

最近あらためて昔のものを読み返していますが、ほぼ個人発行の「ジャグリングの雑誌」が何号も存在するって、奇跡のようなものだったのではと思ってしまいます。

EJCをはじめとする海外のジャグリングイベントのレポート、ジェイ・ギリガンによる「ストックホルムスクールの秘密」の寄稿、ガンディーニのインタビューなどなど、各号ごとにいろいろなコンテンツがあります。

再販のない紙の雑誌なので、在庫限りになります。すでに完売の号もありますので、気になっている方はぜひご購入を。

僕は机に置いておいて、ふと昔の号を読み返しながら、今も新しいヒントをもらっています。

■PONTE 商品ページ
https://pmjuggling.com/collections/book

 

身体を戻す


6月に入り、子供の保育園が1ヶ月半ぶりに再開しました。

さあ仕事やるぞ! と意気込んでいたのですが、身体のペースが戻らず、リハビリのようなスタートに。

 

自粛期間は基本的に日中は子供と過ごし、夜の20時から仕事をしていたので睡眠不足。

さらにほぼ家に籠もっていたので、歩くのに違和感を感じるほどの運動不足。

多くの人がそうかもしれませんが、心も身体もとても不健康な状態になっていました。

 

身体を戻すため、居ても立っても居られず、毎日一時間くらいの散歩をはじめました。

日光を浴びながら、歩く。

月並みだけど、これがなんと幸せなことか。

初日は筋肉痛になりましたが、すぐに慣れて、夜も普通の時間に眠れるように。

ただ健康的になった、というだけの話なのですが。笑

 

しかし歩くことは本当に気持ちがいいですね。

ふと、海外に行っている時のような気持ちにもなります。

海外の電車が苦手なので、できるだけ徒歩で、一日中歩き回るのが好きなんです。

まあそんなに頻繁に行く機会もないので、韓国のソウルくらいのイメージですが。

またいつかそんな時がくるといいな。

 

今年は走ることとそれに近い感覚のジャグリングが、僕のひとつのテーマになると思っていました。

でも自粛期間による身体の変化から、もっとスローに、歩くことの方に今は興味が湧いています。

 

みなさんも無理せず、身体に気をつけてお過ごしください。