【Weekly PM】#16:リニューアルと

毎週月曜日に更新している、PM Jugglingの週ごとの活動記録です。 

2020年5月25日(月)〜5月31日(日)

ようやくリニューアル

 

リニューアルすることを決めてからちょうど3ヶ月、ようやく新しいサイトを公開することができました。

これからコンテンツを充実させていきますので、引き続きよろしくお願いします!

 

■【お知らせ】サイトをリニューアルしました
https://pmjuggling.com/blogs/journal/20200530

 

リニューアル作業をしていて思ったのは、ウェブサイトは僕にとってまるで実店舗のようなものだということ。

ある意味「毎日そこにいる」ツールですので、リニューアルは実際に部屋を引越ししたかのような気分でした。

そこに来ていただいているようなイメージで、改善していきたいと思っています。

 

たくさんの人に届けられるボール


リニューアルとともに、新しいベーシックモデルとなるPMボールや、実験的な道具としてクリアロシアンボールを発売しました。

特にPMボールは、これからの活動の方向性ともいえる大事なボールです。

PM Jugglingの道具はどちらかというと玄人向けのものが多かったですが、それを変えていきたい、もっとたくさんの人に届けられるボールはできないかと試行錯誤してきたものです。

値段を抑え、シンプルで、かわいいボールに仕上がっています。ぜひぜひ、お試しいただけたらうれしいです。

 

■PMボール 商品ページ
https://pmjuggling.com/products/pmball

 

自由の象徴


すこし前に、IJAのサイトに載っているエリック・オーベリのインタビューを翻訳したものを、青木くんが見せてくれました。

原文はこちら
■INTERVIEW WITH ERIK ÅBERG – JUGGLER, HISTORIAN, AND INVENTOR
https://www.juggle.org/interview-erik-aberg-juggler-historian-inventor/

そのインタビューの中に出てくる、エリックがジャグリングを始めた初期に影響が受けたという映像をYouTubeで見ていました。(勝手にアップロードされてるやつのようですが、古いものなので貼ってしまいます)

1996年につくられた「Caught Clean」という、スケートボードとジャグリングの映像。

面白いもの見つけちゃったぜ、楽しんでやろうぜみたいな、ジャグリング初期の純粋なワクワク感を感じられます。自由に楽しんでいる感じが心地よくて、今見てもおもしろい。

26:30からのショーン・マッキニー(今は亡き、ストリートスタイルのジャグラー)のジャグリングシーンは特に見ていて気持ちがいいです。

 

Caught Cleanを見て連想したのが、 ヴォヴァ・ガルチェンコが出ている2006年のこのビデオ。

カリフォルニアの豪邸でがっつりジャグリングする姿が、自由で、楽しげで、いいなあと憧れました。

Fatboy Slimの曲のPVに応募するための動画で、音楽もいいんですよね。

 

さらに連想したのが、2008年のウェス・ペデンのExpectationsで、これも個人的に大好きなジャグリング動画です。

今思えば、これも違う意味で、自由な姿への憧れのような目で見ていたのかもしれません。


(こちらは予告編で、本編はオンライン販売されていました)

Caught Cleanの映像から、そうだ、僕にとってのジャグリングは自由の象徴でもあったんだなと思いました。

高いジャグリングの技術に加えて、海外への憧れ、というのもその気持ちに混ざっていたなあとも。

段々とそういう神秘性みたいなものは薄れてきましたが、形を変えながら、新しいワクワクを探しているように思います。

 

●●●

今週はサイトにつきっきりでした。

6月からは自粛が緩和され、日中に仕事ができる環境に戻ります。

やっていきます!