EJC2019 #11 EJC7日目のこと

昨夜から雨風が強く、夜はテントが揺れビュービュー聞こえていました。外を歩くと、各所のテントが片付けられていた。インフォポイントもメインジムの中に移動。メインジムはそこまで広くないので、より人口密度が高くなっています。

参加者へもテントをしっかり張ったり、移動するようにアナウンスされています。ファイトナイト(コンバット)は場所がガラのテントからジムへ変更され、レネゲードショーは明日へ延期されました。風はかなり大きな問題になっています。

トレーダーエリアは予定通り14:00にオープン。16:30には今回持っていったボールがすべて完売! PONTEの方もほぼ完売に近い状態で、それぞれ持っていった量はちょうどよかったようです。

ステッカーを集めている人がいることに気づいたり、バッジはオマケであげるくらいの方がよさそうなど、次回もお店も出すとしたらこうしたい、という小さな気づきがたくさんあります。日本での出店にも活かしていけると思います。

英語でやり取りするトレーダーエリアにいるのは結構気を張るので、14:00〜18:00で毎日出店するのは思っていたより長いです。また、ワークショップなど盛りだくさんのEJC、大半をトレーダーのテントで過ごすのはちょっともったいないような気もしてしまいます。こちら側にも変化をつける工夫が必要かなと感じました。

いつも通りオープンステージを観て、初日以来のビールを飲んで、ジムへファイトナイトを観に行きました。でもすごい人だかりでほとんど見えず。迫力があって面白いので、ガラのテントでも見てみたかったな。同時にライブ配信もされていて、人だかりの奥で行われていることを見れたりもしました。そのうちこういうのも当たり前になるんだろうか。

もうEJCも終わるんだと思うとテントへ戻るのがもったいなくなり、ビールを飲みながら、その日に買ったヘンリースのボールを投げたり、軽くジムを散歩したりする。1:30ごろまでカードゲームのジャングルスピードをやって過ごす。短い時間だったけど、これが普通のEJCの感じだよなあと。今回は出店で来させてもらっている、という思いがあるので、あまりダラリとは過ごしていない。(はず)

でもほとんどジャグリングをしていないのはよくないなと思う。もはや練習という概念がなくなってきつつあるけど、ジムで練習、もやっぱりいいものだなと。道具も大事だけど、シンプルなジャグラー同士の交流も大切だと改めて。僕もジムで自然に佇める道具が欲しい。

明日はほぼ最終日(本当の最終日は帰るだけ)。ガラショーも楽しみです。