EJC2019 #5 EJC1日目のこと

今回のEJCはキャッシュレスで、リストバンドにお金をチャージして使うシステムになっています。リストバンドにはショーのチケットも入っている。今っぽいです。

17時からのトレーダーブース開始に備えて、準備をはじめる。トレーダーエリアはジムの近くの独立したテントにあります。今年は27のメーカーが参加。テント内ではみんな商品の山に囲まれながら、準備を進めています。

今回はPONTEと共同出展で、机が2つ用意されていました。スペースは広くなく、くの字型の配置が普通かもしれませんが、できれば前向きに展示したかったので、ちょっとイレギュラーですが斜め向きの横一列で出すことに。

机の上に敷く布を用意する発想がなくて持ってきておらず、困っていると、青木くんが機転を利かしていい感じに仕上げてくれました。

準備がひと段落し、ジムの中にあるお店で、ひさびさにちゃんとしたご飯を食べる。白身魚のフライの入ったバーガーと、野菜がすこし。イギリスにきて初めての野菜だったかもしれない。ものすごく美味しく感じて、身体が欲していたのがわかりました。

17:00、いよいよトレーダーブース開始!ファーガスというジャグラーがInstagram経由で連絡をくれていて、早速来店してくれる。ボールをじっくり投げくらべていました。

そうしていると、ウェスペデンとフローレンス(GALAショーのゲスト)が来てくれる。ウェスは商品の写真を撮ってジェイギリガンに送り、どれが欲しいかその場で聞いていた。(うれしいに決まっている…)

実は今回のEJCでジェイに会えたらいいなと思っていたのだけど、今はアイスランドでショーの最中らしい。ウェスは今はラスベガスのショーの契約を終えスウェーデンにいる。トニーペッツォの最近の活動、Cheezy boyについても聞いてみる。

フローレンスはInstagramでメッセージしたことがあったけど会うのは初めて。フィンランドでPMリングを使ってくれているアルットゥと仲が良くて、いろいろ話をしてくれました。

ウェスがボールを買い、そしてファーガスも買ってくれた。うれしかった。


 
その後、全くお客さんが来ないので大丈夫かと心配になっていたら、なんと今日はトレーダーブースはやらないことになっていたらしい。そりゃあ、みんな思い切り準備してるはずですね。初日が勝負だと思って気合いを入れていたのでものすごい肩透かしでした。笑

フラフラしていると、2013年のEJCで会った、シンガポールのディーホンと会えました。当時青木くんの紹介で知り合ったのです。数少ない海外の知り合いでうれしくなりました。中国で道具を売ってくれているイアンとも会えた。

ベジバーガーを食べ、ビールを持って、GALAテントで行われるジョングリッシモのショーを観に行く。今思えば、今日到着して、このショーをウェルカムショー的に観て、夜ゆっくりするのが、みんなの流れなのかもしれない。

ジョングリッシモのショーは、僕のイメージしていたスポーティーなジョングリッシモ(IJAのころしか知らないので)とは全然違っていました。正直な感想をいうと、なんだか悔しかった。日本にはもっとすごい人達がいるんだぞ、とずっと思っていた。

みんなそのまま、ジムやバーテントへ向かっていったのだけど、僕は早々とテントへ帰り横になりました。

明日はトレーダーエリア、どんな感じだろうなあ。