PM Jugglingについて

PM Jugglingはジャグリングの楽しさを広げ
新しいわくわくをお届けする
日本の小さなジャグリングメーカーです

ジャグリングの楽しさを広げる

PM Jugglingはジャグリング道具を手づくりで製作しています。小さなつくり手だからこそ、さまざまなジャグラーとじっくりと向き合い、人と人とのつながりから道具をつくっていくことを大切に活動しています。そこから生まれる道具のわずかな変化や、新しい発想。その積み重ねにより、ジャグリングをもっと豊かに、その楽しさをさらに広げていけたらと考えています。

わくわくを届ける

ジャグリングにはわくわくが詰まっています。自分たちが楽しんできたジャグリングの世界を、より多くの人に届けたい。人の役に立つものとして残したい。それがPM Jugglingの願いであり、目標です。ジャグリングを通じて、みなさんの毎日がより楽しいものになりますように。わくわくする道具とともに、みなさんのジャグリングライフのお手伝いができたらうれしいです。

スタッフ

板津大吾(代表)

1983年生まれ。子供の頃からヨーヨーやけん玉に親しみ、1998年にジャグリングを始める。大学卒業後、テレビでピザ回しを見たことをきっかけに通信販売店「ピザ回しドットコム」を創業。2014年に手づくりのジャグリングメーカー「PM Juggling」を立ち上げ。小さいからこそできるものづくり、ことづくりに挑戦中。一児の父。

青木直哉(海外担当)

1991年生まれ。2012年以降、15カ国を越える海外のジャグリングイベントに狂ったように参加、出演している。オランダから帰ってきた日の深夜に韓国に行ったり、シンガポールで安宿のマネージャーをしながら数週間過ごしたり、2018年の夏は、友達の家にお世話になり、インスタントラーメンをすすりながら、宿代ほぼ0で1ヶ月半ヨーロッパに滞在した。すべてはジャグリングイベントのため。「書くジャグリングの雑誌:PONTE」編集長。2018年10月より、PM Jugglingのプロジェクトを海外にも伝えていく仕事をはじめました。

Updating…
  • カートに商品がありません